上手な髪型の頼み方記事一覧

美容室での上手な頼み方

行きつけの馴染みの美容室は別として行った事の無い店や初めてのお店で髪を切る時は不安ですね。

自分の希望とちがう髪型になってガッカリした経験はありますよね?
失敗しない美容室での上手な頼み方を上げましょう。



こんなのもあり?⇒今の時間はどんな髪型?




1.切りすぎてしまった髪はすぐに戻せないので、ちゃんと確認してから切ってもらうのが基本です。



2.いやなスタイルやしてほしくないスタイルがあれば特にしっかりとわかるまで伝えるようにします。



3.ショートやセミロングと大幅な頼み方は決まった規定はないので人によって基準が違います。



4.よく通っているお店で無い処では曖昧な表現はやめた方が無難です。



5.切る長さを指定するのも意外と思い違いの原因になりがちです。指定通りの長さに切っていても、スキバサミの入れ方や方向など様々ですが見た目には違って見える事もよくあります。



6.写真や雑誌などがなければ、自分の好きな長さや思い描いているイメージ等を絵などに書いたりして伝えましょう。



7.好みの髪型を見つけた時には芸能人の写真を切り取って見せるのが一番良いです。



8.相手がプロの方でも、初めてカットしてもらう相手にお任せはタブーです。相手も困りますしイメージの違いで後悔する事になります。



購入レビュー
おもったよりお部屋には大きかったのですが、とってもおしゃれで、かわいくって、お気に入りになりました。お部屋が楽しい雰囲気になりました。こういうアイテムをもっと増やしてほしいです♪

一目惚れでポチッ。アトリエ用につかいます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。